オリジナルキッチンの造作!

中京区で進行中のマンションリノベーション。

 

オリジナルキッチンを造作中。

シナベニヤ(ランバー材)を使用して、大工にて加工造作します。

 

現場造作のキッチンは仕様にもよりますが、メーカーのシステムキッチンより経済的にできます。

「えっ」と驚かれる方が多いのですが本当です。

 

使う材料や、仕様(扉や引き出しの数など)を、本当に必要なものを吟味します。

また家具職人で作ると随分と高価になりますが、現場大工で造作すれば一連作業の流れでできるから経済にすむのです。

 

システムキッチンはカタログから選べばメーカーがそのまま現場へ「ポン」っと置くように設置してくれる。

システムキッチンは、何より、造り手が随分と楽なのだ。

だからわざわざ、いちからデザインして造ろうとはしない。たとえ経済的にできるとしても。

設計を生業としている設計士もメーカー品を使うのが当たり前になっているのです。

 

岡田央建築工房では、設計士が考えに考えぬき、現場職人が丹精込めて世界でたったひとつのキッチンをつくり上げます。