お茶室の見学!

先日、建築家 藤森照信氏設計のお茶室「矩庵」見学の機会を頂きました。

 

完全に非公開で、まさか見学の機会を頂けるとは夢にも思いませんでした。

本当にありがとうございました。

 

藤森氏のデザインは他に類を見ない独特であり唯一無二のデザイン。

土着的で素材の生々しさを全面的に押し出したデザインながら、どこかモダニズムなのだ。

 

現在でも茶室を造り続けている氏は、建築家であり建築史家でもある。

そして、茶室の研究をされている中で、ご自身の茶室を「超茶室」と呼んでいる。

 

素朴さでは利休を代表とする草案茶室よりに感じるが、氏の独特の世界しかない。

茶室を超えた茶室なのだ。

 

素晴らしい機会を頂きまして本当にありがとうございました。

 

良い建築を見るとさらにケンチクへのジョーネツがふつふつを沸き起こってくるのだ。