プレゼン資料作成~!

上京区にて築36年木造戸建て住宅リノベーションのご提案をさせて頂きました。

 

ご家族のライフスタイルの変化に合わせて、長年不便と感じていた住まいをどうにかしたい、という思いでご相談へ来られました。

 

住まいメンテナンスのサイクルはおおよそ、15年~20年で廻ってきます。

新築より15年~20年で汚れたり痛んだりしてくる水廻りや外装・内装のメンテナンス、また家族の成長に合わせて間取りを見直したりします。

 

そして、さらに15年~20年(新築から30年~40年)経つと、2回目のメンテナンス時期が廻ってきます。

 

これまでは、30年~40年経つと世代も変り、生まれ育った住まいを離れて暮らし、その家は空き家となり、建て替えられるケースがほとんででした。

 

しかし、昨今ではリノベーションの意識がかなり一般的に根付いてきているということもあり、そんな空き家になった中古住宅や実家を受け継いでいく若い世代が随分増えてきています。

 

築年数の経った建物の趣や暮らしてきた空気感を残しながら劇的に様変わりをすることができるのはリノベーションでしか成し得ないでしょう。

 

プレゼンご提案をさせて頂き、プラン・デザインはとても気に入って頂いたご様子。

あとは予算に合わせて、ご家族それぞれの思いをいかに一つにするか。

 

改修では新築と違い、設定された予算内で必ずできることがあります。

ぶれないもの(予算や改修内容)が決まればおのずと選択するものは決まってくるでしょう。

 

引き続きよろしくお願い致します!