絶賛工事中~!

京都で明るくオーガニックな素材でリノベーション・注文住宅の設計から施工まで行う建築士事務所。

 

京都市は西京区、苔の名勝に程と近くにて、築30年の木造戸建て耐震リノベーション。

 

屋根の改修中です。

 

瓦屋根をガルバリウム鋼板製の軽くて丈夫な素材で葺き変えます。

 

屋根に乗っていた瓦の総重量はおおよそ4t近くありました。

 

屋根にダンプカー1台乗っていた感じですね。。

 

主に昔の瓦の下地は土(つち)です。

在来工法(木造)の場合、現在では桟(瓦桟)葺きが主流ですが、20年~30年以上前の木造住宅のほとんどが土葺きです。

 

瓦を土の上に乗せているだけなので、地震時など大きな揺れには瓦を土ごとふるい落とされます。

これはこれで耐震性を兼ね備えているとも言えますが、やはりこれだけの重量を支える構造体には負荷がかなり掛かります。

 

屋根を軽くすることで建物は随分と耐震化されます。

 

4t近くの瓦や土をめくり下ろすのがとにかく大変ですが、職人は流石、黙々粛々と手際よく進めて参ります。