造作キッチン計画!

京都で主にオーガニックな自然素材でリノベーションの設計施工を行う建築士事務所。

 

計画進行中の木造戸建てリノベーション。

 

弊社では特にリクエストが無ければキッチンは造作で現場製作します。

 

今回はキャビネットに木製フレームを使ったスケルトンキッチンに挑戦。

 

フレームを見せたキッチンは今流行?の工業系デザインになりがちですが、そこを荒々しく見えないようなオトナな木製フレームキッチンに仕立てます。

 

材料フレームにはピーラー(米松)を検討。

 

最も敬愛する建築家、宮脇氏のお言葉「木は線材としてあるのが最も美しい」

 

キッチンだけでなく、構造体(柱など)もあえて見せながら全体のフレーム感を統一していきます。

 

仕上がりがとても楽しみ。

 

嗚呼、完成が待ち遠しい。