築40年の団地リノベーション

下京区にある築40年の団地の改修案件。

 

40年選手だが、持っているもの(素材)は良いのだ。

 

すべてを新しくする必要はなく、年数が物語る厚みというか奥深さが感じられれば名も無きモノもそれはアンティークになる。

 

古く、汚くカビ臭さく感じるモノも、予算とのタタカイの中で、活かせるものはたくさんあります。

 

「えっ、これ使うの??」と思うものも活かせるのだ。

 

 

中古には、新品にはない、中古の良さがある。

 

その良さを引き出す、如何に既存を活かすかがウデの見せドコロ。

 

しかし、そんな築年数に潜む既存の価値は、現状ではなかなか伝えることはムズカシイ。

 

湧き出てくる妄想はとまりましぇん。

 

あ~この棚なんかめっちゃエエ感じやん!