京都市景観条例

祇園八坂神社のほとりに立つちょっとアバンギャルドなテナントビルの外壁改修。


景観規制地区内にある。


京都市内では規制地区内に建つ建物全て、外壁を塗り替えたり、屋根や壁の仕上げを変えたりと建築確認申請の必要がない改修でも自治体の許可が要るのだ。


平成17年から始まった京都市の景観条例。


もう10年経つのね。