敷地調査

伏見区にて住宅新築の確認申請手続きの為、敷地の確認。


1種低層住居専用地域なので、厳しい北側斜線規制がかかる。


幸いにも前面道路が北側で幅員6mほどあるので、北側斜線はそんなに気にしなくて良い。


確認申請手続きの為の敷地調査では、境界明示や前面道路の幅、敷地の高低差、上下水道の配置(メーター、汚水桝など)を主に確認する。


施工は地元の工務店が行うのだが、ついつい施工者目線で、搬入経路や高架電線の状況などを確認してしまう。


また、京都市の景観規制地区内なので、京都市と協議・許可申請が必要なのだ。


役所や民間の検査・申請機関は担当者によって、泣きたくなるような幼稚な対応とタタカワナクテハナラナイ。


京都市の建築指導課には、逆にものすごくカッコよく大人な対応をしてくれる方もいる。


有名なあの方だ。