マンションリノベーション【プチリノベーションの極意とは?】

上京区のマンションリノベーション案件。

 

既に改修(リフォーム)済みで出来上がっている。


お気に入りのインテリアには全く合わない、一昔前の、建材を多用した高級志向の内装で、求めるスタイルにしたいとご相談依頼を頂きました。

 

しかし住むには十分すぎるほどキレイに改修済みなのだ。


設備も真新しい。

 

この内装を壊してやり替えるのはエコな考えではない。

 

モッタイナイ。

 

そこで、なにかキーワードになる素材を探る。

 

お客様のスタイルと間逆の、この一昔前の高級志向の建材を活かせる素材。


建材を活かし、かつ、求めるスタイルに近づけるのだ。

 

間取りも若干変え、若干だが動線は劇的に変化させる。

 

コストをできる限り抑えて、どれだけ劇的になるか。

 

そんなことをブツブツ唱えながらプランを模索。