築40年のテナント

約40年前の店舗入り口の木製ドアの錠。

 

堀金物の錠。著名な建築家もよく使用している金物屋さん。

 

現在でも全く同じモノが作られています。

 

40年間モデルチェンジは一切無し。

 

これでもかと同じものをつくり続ける心意気。

 

特に不具合はありませんが、防犯上鍵を変えたい。そうすると取っ手からまるごと変えないといけないのが少々残念なのですが、まだまだこの錠にはガンバってもらいたいのだ。

 

たくさんのヒトが握ってきたこの錠の素晴らしさと、今でも変わらず同じモノをつくり続けている金物屋。

 

素晴らしい!