耐震補強設計

築50年の木造住宅リノベーション。


自治体による耐震診断結果は予想通りで評点は0.3程度。


大規模地震発生下ではほぼ倒壊するであろう建物だ。


もう高齢なのだ。


しかし劣化はあまり見られず結構健全。


良かった。


これから構造補強設計を当事務所で行います。


とりあえず1階部分の耐震性能を0.7以上確保できるよう上げる。


やりすぎても費用がかさむばかりで本末転倒になる。


自治体の補助金額は90万円がマックス。


もっと頂戴・・・。


自治体では無料で診断士派遣(昭和56年以前の建物に限る)を行っています。*交通費分3000円~(自治体により異なります)は依頼主負担。


また、当事務所でも耐震診断から耐震補強設計まで行います。(詳しくは問い合わせ下さい~)




改修範囲でできる最良の補強を探るのだ。