木造住宅のリノベーション!

本日改修のご相談にご来所。

 

京都は宇治市、歴史深い町。


築50年の木造住宅、かなり高齢住宅なのだ。


建物の健康診断、現状の劣化状況や耐震診断など早急に【診断】しないといけない住宅。

 

そんなご実家に住まわれているご高齢のお母様との同居を機に改修を決意。

 

水まわりや間取りなどより住みやすくするのが目的。

 

これからインスペクション(現地調査)を実施してプランのご提案。

 

 


昭和56年以前の建物なので耐震性能は期待できないが、劣化状況に大きく左右されるので痛みが少ないことを祈るばかりです。

 

また、耐震改修補助金やエコポイントの活用などでできる限り高齢な建物に手を尽くしたいと思うばかり。

 

以外とかかる。いつも思うことですが・・・。

 

手を尽くして将来的にも不動産価値も上げたいのだ。古かろう悪かろうではないと。

 

古いものの価値を上げるのがリノベーション。

 

しかし、イガイとカカルのだ・・・。補助金モットホシイ・・・