「ホテルライクな浴室」改修工事

山科毘沙門堂のほとりに建つ築30年のリッパな旧宅(1960年代のライトやカーンの建築の様なタタズマイ)の改修工事。

浴室・パウダールーム・寝室と一体的にホテルライクな空間にする。

 

設計デザインは京都で活躍する女性建築家のO氏

 

十和田石貼りの浴室。できあがりが楽しみ。

 

【写真は奮闘中の左官屋の職人】