マンションリノベーション計画!


「とんがった感じがいい。」

 

住宅供給公社のとくゆうちんマンションの改修。

 

とくゆうちんとは特定優良賃貸住宅の略。公社がオーナーに家賃補助をして借主の家賃を軽減した賃貸物件である。オーナーが公社の場合もある。

 

「空き部屋」がかなりある。地域によってさまざまで待ってまで入りたいというところもある。部屋や設備の仕様はどこもほぼ同じだ。

 

そんな空き部屋を埋めるべく試行錯誤しようではないかと今回の依頼。

 

しかし公社の財源は当然厳しい。なにせ税収が厳しい京都市ですから。(京都市は約1兆2千億円ほど赤字であるとか)

 

そんな厳しい財源の公社のリノベーション予算は当然キビシイ。

 

そしてこれから改修を検討されるオーナーにしても、当然カッコよくそしてすぐに借り手が飛びつくようなものを出来る限りリーズナブルにしたいのだ。

 

 

「とんがった感じがいい。」

 

 

担当係長T氏の要望。

 

11月中ごろに完工予定。

 

格闘する日々が続いております。

賛否両論となるか、出来上がりが今から楽しみです。

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2