自然素材 その2

ブログの更新がなかなかできておりません。m(_ _)m

そういえば、随分前に建設会社の営業部長をやっている幼馴染の友人から 「ブログの更新、サボり過ぎちゃう」 と突っ込まれたなぁ。

アタタカクこのブログを見守って頂ければ願ったり叶ったりです。

 

前回のつづき

 

F☆☆☆☆(フォースター)

 

建築物に使用される建材のホルムアルデヒドの放出量によってJAS(日本農林規格)、JIS(日本工業規格)が定めている区分。規制を受ける化学物質は 「クロルピリホス」 および 「ホルムアルデヒド」 が対象。 「クロルピリホス」 に関しては原則使用禁止。 「ホルムアルデヒド」 についてはこちら。 「クロルピリホス」 は白アリ駆除剤として使用されていた。

2003年7月からホルムアルデヒドを含む建材へのラべリングを義務づけ。随分最近なんですよね。

F☆☆☆(スリースター)、F☆☆(ツースター)、F☆(ワンスター)と全部で4区分あります。星が多いほどホルムアルデヒドの放出量は少なく、住宅で使用される建材はほぼ低放散量のF☆☆☆☆(フォースター)。

また、ホルムアルデヒド発散建材は合板などの下地材やクロスなどの仕上げ材、塗料、断熱材など、内装材やその下地材などが中心で、発散量によって使用する面積を制限したり、居室の換気量を制限することによってシックハウス対策を行っている。

 

現場に納入される建材には必ずこのF~のマークが付いている。☆が付いていることでなんの疑いもなく当たり前に使用している。法的な規制は現場では守られている。☆のマークがウソでなければ。

しかし、新居で何か臭うという経験は多くの人がしている。それは木などの自然な臭いではない。☆マーク入りの建材をきちんと使用していれば国が定めている化学物質の測定値は必ず基準値以下である。

 

何が臭うのか。

 

臭う原因は恐らく国が定めている化学物質以外の物質でしょう。

シックハウス関連の相談はあとを絶たず増加しているという。なにかの「臭い」が原因。現在規制されているのが上記の2種類(ホルムアルデヒド、クロルピリホス)。使用されている化学物質は13種類以上。

法律だけでは健康は守れないと言われています。それは建築業界だけの問題ではない。食品に関しては、あまり聞きたくないような材料でつくられた加工食品が平然とスーパーなどで陳列されているという。

 

そういう意識が一般的に高まってきているのか、「自然素材」を使いたいというリクエストを受ける。

 

しかし、「工業製品」もなくてはならない存在である。「自然素材」だけで家を建てることは可能だが如何に不便で手間やコストがかかるか、といったことを良く理解しないといけない。

 

「自然素材」を使用したお宅ではまず・・・

 

・・・つづく。