リノベーション リフォーム施工事例


岡田央建築工房が造るリノベーション リフォーム事例

私達はすべて手づくりにこだわります。ピカピカした既製品を「ポン」とただ置いたようなものではなく、設計士や職人がひとつひとつひたすらに考え抜いてひねり出す様に造る「住まい」なのです。

オーダーした洋服のように、その人にジャストフィットする「住まい」づくりを常に目指しています。

現場の大工さんで造作するオリジナルキッチンはずっと使ってきているような使いココチです。

そんなこだわりのリノベーション リフォーム事例。

是非ご覧下さい。

 


戸建てリノベーション、マンションリノベーション

House N ~Natural Living Simple トコトンこだわる素朴な素材たち~

京都府宇治市御蔵山にある築40年木造2階建て住宅の耐震改修一戸建てリノベーション。

 

4歳の女の子ともう直ぐ生まれてくる子とご夫婦の4人家族。

 

奥様のご実家の近所にある中古住宅を購入してご自分達のライフスタイルに合わせてリノベーション。

数年前に耐震改修されておりましたが、間取りの変更に伴い、改めての耐震補強設計を行い、評点を上げての耐震改修を実施。

 

1階部分は主にスケルトンにして改修し、2階部分はご主人の多種にわたる趣味のひとつDIYで自らウデを振るっての改修工事。

 

ダイニングキッチンと和室の居間を一部屋にして、その他は以前の間取りと変らず。

間仕切り壁の上部にFIXガラスをはめた欄間を設けて、各部屋と廊下を繋げ一体感を出してワンルームのように感じる工夫をしています。

 

以前は子供室だった1階の予備室は、ご夫婦で創作活動ができる部屋として、遮音シートを施した防音仕様のアトリエ室に。

 

特に奥様がこだわられたキッチンは、ピーラー(米松)と厚み21㎜のシナベニヤで現場大工造作による当社のオリジナル。フレーム(骨組み)とスノコの仕様で上品なスケルトンキッチンとなりました。

 

また、洗面室のタイルは奥様自らデザイン。

 

モノ造りなど多趣味なご夫婦とチビッ子たちが思いっきり楽しめる、そっと寄り添う優しい素材たち、グングンと成長していく家族を見守る、「素朴でシンプルな」ご家族こだわりの住まいとなりました。

 

これからご家族と同じように、成長変化していく住まいも楽しみです

 

photo by daijirou okada

 

 

当住宅は(一社)リノベーション推進協議会の定める適合リノベーション住宅の基準を満たした<R1住宅>です。

兵庫県宝塚市にある築20年元社員寮のマンションリノベーション。

 

4歳の女の子とご夫婦の3人家族。

 

玄関土間を拡張し、3LDKの間取りを2LDKへと間取り変更、水廻りの配置もやや変更し、LDKをより広く確保できるようにレイアウトしました。

 

内装材はナラやパインの無垢材、しっくいや和紙など自然で素朴な素材たち。

ぐんぐん成長する家族をそっと寄り添うように見守るやさしい素材もどんどん成長変化してきます。

 

「素足でいるのが気持ちイイ!」

 

と、お風呂あがりに床にゴロンとなる。

 

自然と素材に触れる家は本当にイゴゴチが良いのです。

 

住宅ストック支援事業採択適用住宅(国土交通省)

施工延床面積 : 76.4㎡(専有部分)

 

photo by daijirou okada

 

当住宅は(一社)リノベーション推進協議会の定める適合リノベーション住宅の基準を満たした<R5住宅です

京都市西京区桂にある築35年の木造2階建て住宅の耐震改修一戸建てリノベーション。

 

親世代から受け継いだ家。

建坪が20坪弱という狭小住宅で、ご夫婦それぞれの趣味を楽しめるスペースが果たして間取りにできるのか。というご依頼でワガ事務所へご相談へ来られました。

 

ご主人のバイク専用のインナーガレージと奥様がたくさんご所有の文庫本を楽しめるスペースをそれぞれ確保しながら、ゆったりとくつろげるリビングダイニングキッチンを2階に設け、勾配天井にすることで吹抜けにしてロフトを設置。

 

吹抜けとロフトによって、空間の拡がりと収納スペースとしても確保できました。

 

古い柱や梁、古い柱には幼いころに貼った思い出のステッカーをそのまま残し、新たな素材を溶け込ますように、ジックリと練りこむように組み込んで行きました。

 

その新たな素材を組み合わせることで、また新たな価値が古い素材に生まれます。

 

リノベーションでしか出せない素材の表情はこの家が家族と共に育んできたもの。

そして、さらに加わった素材たちと家族がこの家を育んで行きます。

 

「そっと寄り添うように家族と共に成長変化していく」

 

そんな”素朴さ”がちょうど良い住まいとなりました。

 

耐震改修:耐震評点 <改修前0.25> <改修後1.0以上>

住宅ストック支援事業適用住宅(国土交通省)

 

 

 phpto by daijirou okada

 

 

当住宅は(一社)リノベーション推進協議会の定める適合リノベーション住宅の基準を満たした<R1住宅>です。

京都市下京区壬生にある築40年の団地。マンションリノベーション。

 

京都のど真ん中とは思えないほど敷地内の緑が豊かな団地。そんな雰囲気を気に入ったオーナーが中古を購入し、そしてリノベーション。

 

40年間ほぼ修繕していなかったであろう室内は相当にくたびれた感じでしたが、内装をほぼスケルトンにし、断熱材には高性能の吹付けウレタン断熱、そして壁にはしっくいや和紙、床にはナラの無垢フローリングの自然素材をフンダンに使用しています。

 

そしてキッチンはワガ事務所オリジナル。

現場大工さんと建具屋さんで造り付けています。

一般的なシステムキッチンより随分とお得にできるオリジナルキッチン(仕様によりますが)は1ミリ単位でオーダーが可能で素材も木やタイルなどバリエーションは様々なのです。

 

照明器具はオールドヴィンテージな雰囲気が大好きなオーナー様が直接買い付けてきたものを取り付け致しました。

 

若いオーナー様のこだわりが随所にちりばめられた住まい、自然素材たちも家族と共に成長変化していくのが楽しみですね。

 

 

 

木造戸建て耐震リノベーション

宇冶市大久保にある築50年木造住宅の耐震改修一戸建てリノベーション。

 

高齢になられたお母様が住んでおられる家に同居を機に、水廻りを中心に改修を決意されました。

現在のお住まいは築20年の軽量鉄骨住宅でそこには次の世代である子世帯のご夫婦が移り住むことに。

築50年の住まいは既存を残しつつLDKを中心に間取り変更し水廻りも一新しました。

 

広々と大幅に間取りを変えつつも耐震性能・断熱性能を確保。

床はナラの3層フローリング貼りで床暖房も完備。

建具や枠にはラワン無垢材を使用。ラワンは昔ながらの材料で、最近では手に入りにくくなりつつありますが、なんとも素朴な感じが良いですね。

また、キッチン対面カウンターにはナラの無垢材を使用し、対面収納にはナラ突き板貼りとナラ尽くし。

水廻りも一新してまた長く快適に住める家になりました。

 

既存を約半分くらい残した今回の改修。

すべてを新しくするのではなく、如何に既存を残してその価値を再生するか。古さが味わい深くアンティークになるのだ。

柱や梁は築50年もの。この建物の歴史をジッと佇み伝えてくれます。

そんな構造体(柱、梁など)を露わにしてスポットを充てる。

これからもこの家を見守り続けて行く。

 

この先何十年と受け継がれていく家なのだ。

 

京都府耐震化事業適用物件(補助金額90万円)

省エネ住宅ポイント制度適用(補助金額30万円)

 

photo  by daijirou okada (Space Clip)

マンションスケルトンリノベーション
photo by daijirou okada

京都市左京区吉田神社前にある築20年のマンションリノベーション。

子供も巣立ち、ご夫婦ふたり暮らし。当初は水まわりのクロスの張替程度で検討していましたが、設備も古くなり、また結露に悩んでいたこともありスケルトン改修を決意。

 

クルミをフンダンに使用したオーガニックな内装に。

結露対策となるようクルミ無垢材フローリングと高性能の真空ガラス(スペーシア)を採用。また、畳の小上がりの吊収納内部はスノコになっており湿気を逃がすように対策をしております。

断熱改修として、アイシネン断熱材を使用。水で発泡するアイシネンは北欧やカナダなどでたくさん使用されてます。

「風呂あがりに床にゴロンとなるのがホンマ気持ちええ」

と、ご主人。これは無垢材を体験した人しかわからないですね。

キッチンカウンターや棚板に無垢材、収納にはクルミの突き板を貼り、下駄箱もクルミ!と、

コレでもか!と言わんばかりにクルミを使用しています。

クルミは国内産鬼ぐるみを使用。  京都市省エネ補助金制度適用。

design / Ryoko Okada

construction / Hisashi Okada Construction Studio

photo / Daijirou Okada

ネコの為のリノベーション

滋賀県大津市のマンションリノベーション。”ネコが主役なのだ編”

 

子供たちが成長し、もうじき中学生のサッカー少年ともうじき高校生のお姉ちゃん、そして今回の主役であるネコの為の各個別の部屋を作るべく、間取り変更の改修工事。

 

各子供部屋はホテルライクな空間に大変身。天井には照明器具を設けずにエアコン配管用のダクトスペースを利用した間接照明を設置。

 

キャットウォーク兼用になっている出入り口の扉の鴨居からはネコが各子供部屋へと自由に行き来できるのです。

 

design : kenta kawai

construction : Hisashi Okada Construction Studio

House O

木造戸建てホテルライクなリノベーション

京都市山科区毘沙門堂のほとりに建つ旧宅のリフォーム。

 

ライトやカーン、タウトのような建物の佇まいは和洋折衷のモダン建築。

そんなお住まいの浴室・洗面室を隣接する寝室と一体的にホテルライクな空間へとリノベーションしました。

 

浴室・洗面脱衣室の床には天然の十和田石貼り、天井は南洋産高級木材であるチークの板貼り。

そんな浴室・脱衣室には何といってもガス温水式床暖房を完備。

 

夏はヒヤッと冷たく、冬は床暖でポカポカなのです。

 

dedign / Ryoko Okada

construction / Hisashi Okada Construction Studio

photo / Daijirou Okada

賃貸マンションリノベーション
photo by daijirou okada


京都市住宅供給公社とくゆうちんのマンションリノベーション。

築15年でとくゆうちんから一般賃貸へと移行するマンションオーナーへ向けてモデルルームとして改修。

主に3LDKから2LDKへと間取りを変更。

リビングとダイニングスペースを一体的にし、また少しでも部屋を大きくするために一部収納を減らしました。

水廻り(バス、キッチン、便器、洗面化粧台)はすべて一新。

あまり間取りの変更はせず、また玄関ホールからの建具以外は既存を利用するなど出来る限り既存部分を残すことでコストを抑えることが出来ました。

古い建具や巾木などのキズも味となり愛着が出るように、既存コンクリート壁を一部剥き出しにしたり天然木ナラのオールドスクラッチ加工された突き板を使用。

 何か付け足したり減らしたりすることで古いものの価値を上げるのがリノベーションの魅力でしょう。

 

管理:京都市住宅供給公社

photo  / Daijirou Okada

鉄骨造店舗コンバージョン

京都の郊外にある鉄骨造の店舗を住宅にリノベーション。

特徴的な階段が印象的。

断熱材には水で発砲する北欧産のアイシネンを使用。

 

Architect by Kiichirou Tomita(Studio Tomita)

House MRT

ガレージハウス

京都府八幡市のビルドインガレージのリフォーム。

 

もともとは大工の先代が建てられた倉庫。その倉庫をご主人の趣味である防音対策された音楽専用のスペースに改装しました。そしてどうせならばと、駐車できるスペースも確保。

 

構造材の柱や梁、野地板をそのまま仕上げにしてコストを抑えつつアンティークな雰囲気を演出。

音楽スタジオ兼楽器庫の内装は、遮音シートを貼った上に吸音ボードを。床には耐久性バツグンの南洋産チークフローリング貼りです。スタジオ扉もチークフローリング材で造作した手作り感あふれるの素朴な感じな仕上がりとなりました。