注文住宅の施工事例


注文住宅を京都市でお考えの方へ

岡田央建築工房が造る注文住宅はすべて手づくりにこだわります。

できる限りピカピカの既製品は使わない。

高価な素材ではなくどこでも手に入る素材で、素朴だけれどすべてキメ細かく考え抜いて造ります。

見た目は素朴でシンプルだけどひとり一人、設計士や職人が考え抜いてひねり出すように。

ひとつひとつ丁寧に造るから一度にたくさんはできない。

主には、注文住宅 京都市がメインとなりますが、エリアはご相談下さい。


右京の家

 

右京の家(新築注文住宅)
photo by daijirou okada

京都市内右京に建つ家。

内装に天然木をふんだんに使用しどこか懐かしさを感じる空間。

外観は左官コテ仕上げ。クラック防止に樹脂の塗り材を使用。

全体的にやわらかい印象を持ちつつも屋根でシャープに見せる。

 

Architect 大杉和弘(㈱SOL一級建築士事務所)

Photo    岡田大次郎(SpaceClip)

construction  岡田央建築工房一級建築士事務所

 

 

 

一条の家

一条の家(新築注文住宅)

京都市内の狭小地に建つ家。

玄関ドアや床など天然木をふんだんに使用し素材を活かしたシンプルさで使えば使うほどに愛着がでてくるデザイン。

間取りは2階・3階とも大胆に1部屋づつとし、吹き抜けで上下の空間をつなぎ狭さを全く感じさせない工夫も。

2階のリビングの床材は無垢ナラを使用しているが、ガス式の床暖房を装備している。通常、無垢材は床暖房に対応してないものが多いのでどちらかをあきらめなければいけないが、工夫次第です。

断熱材に水で発泡する北欧産のアイシネンを使用。

それぞれの素材の息づかいが感じられ、シンプルでメンテナンスにも十分考慮しかつデザイン性も追求する。

伏見の家

伏見の家(新築注文住宅)

京都市内南部に建つ家。

とても仲のよいご家族4人と犬2匹の家族構成。十分な広さの敷地でそれぞれゆったりとした空間が得られるという稀な条件の家です。好条件をいかして玄関にファミリー用玄関の動線を確保するようにシューズクロークを設置。室内で犬を飼われているので床などはアンモニヤやキズなどにも強い複合フローリングを使用しメンテナンスなどにも考慮。

無駄なくシンプルにかつ使い勝手やメンテナンス性がよくデザイン性も追及する。