分譲住宅”Arichitect Series"   計画 / 施工事例


ローコストでどこまでデザインできるかの挑戦シリーズ「アーキテクト シリーズ」

床暖房や断熱浴槽など設備も充実。

リーズナブルで良品質、オーガニックな素材感で明るく温もりのある住宅。

地盤保障付。


Project "Architect Series"

京都市西京区で分譲計画中

販売・問い合わせ ㈱アンクル tel 075-803-3330




Architect Series  "kuro siro chairo House"    Type A

宇治市木幡A号地

オリジナル分譲住宅

北欧の建築家アルヴァ・アアルトが定石とした配色”クロ、シロ、チャイロ”がコンセプトのAタイプ。

 

内外装ともにいわゆる新建材を多用してコストデザインを図る。

新建材を使うメリットは主に2点。経済的でありメンテン性が大変に良いこと。

デメリットというか、どうしても避けたくなる理由としては、素材がプラスチックっぽく、どうも味気ないこと。

 

しかし最近の新建材は自然素材を意識したラインナップが主となりつつあり、質感のディティールをより近づけているデザインが豊富になってきている。

 

とは言え、新建材は新建材なので本物の自然素材には敵わないのだが、コストを掛けずにデザインするには欠かせないシロモノである。

 

全て新建材ではどうも味気ないので自然素材である突き板を一部使用したり、木の構造柱を見せたり、またちょっと古めかしい感じのモザイクタイルを使うことで自然素材風新建材とのバランスをとる。

このアタリ、コストデザインのさじ加減がムズカシイが限られた多くない予算の中でひねり出していく感じが楽しくもあるのです。

 

管理:㈱アンクル

設計・デザイン:岡田央建築工房一級建築士事務所

Architect Series  "kuro siro chairo House"    Type B

宇治市木幡B号地

オリジナル分譲住宅

クロ・シロ・チャイロハウス Type B

北欧の建築家アルヴァ・アアルトが定石とした配色”クロ、シロ、チャイロ”がコンセプトのBタイプ。

 

管理:㈱アンクル

設計・デザイン:岡田央建築工房一級建築士事務所


"Architect Series" Type T

京都市下京区壬生

オリジナル分譲住宅

京都市内の古い町並みに建つ家。
コンセプトはナチュラルモダン。

外観は、歴史ある町並みの中で「和」を意識しつつもシンプルで且つナチュラルなデザイン。木に似せたアプローチのタイルと赤いポストで印象的に。

外装・内装共に新建材を使用しローコストでデザインすることを実現。カウンターなどにチーク無垢材(寄せ木)を使用するなど新建材とのバランスを図りつつ手作り感を出すことにひと工夫を加える。

内装は白を基調にしてシンプルに。無駄なデザインをせずそれぞれがもつ素材感を出すことでインテリアも合わせやすいのだ。

 

昨今の新建材はメンテナンス性が非常に良く、そして経済的なのがなにより。

 

建物管理:㈱アンクル

設計・デザイン:岡田央建築工房一級建築士事務所